このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

はじめまして. 春からカルテットに開発部アルバイトとして入社しました,池口と申します. 私は普段,高専生(高等専門学校生)として情報工学を学んでいます.

この記事では,私が入社してから約 2 ヶ月過ごして感じたこと,学んだことなどを書いていきたいと思います.

応募したきっかけ

私がこの会社を見つけたのは,ビジネス SNS の Wantedly でした. 名古屋近郊に住んでいるため,名古屋での技術アルバイトを探していたところ,カルテットを見つけました.

私がカルテットに応募を決めた理由のうち大きな点が,開発スタイルでした.

GitHub 上の PR を活用して,レビューをしてもらってから反映させる,というスタイルが, 進捗状況が見やすく,モダンであり,とても自分に合っている と感じたためです.

また, オブジェクト指向を積極的に取り入れている 面でも, プログラミングを始めた頃からオブジェクト指向に触れてきた私にとってベストな選択であると感じました.

現在の仕事

私は現在,主に社内ツールの開発を担当させていただいています. 新規ツールを 1 つ完成させ,既存ツールのリニューアルも 2 つ担当しているところです.

感じていること

私は入社前から PHP に触れる機会は多かったのですが,実務となると話は変わってきます. 単体テストもしっかりと書かなければなりませんし, メンテナンス性や可読性 も維持しなければなりません.

また,フレームワークは主に Symfony 4 を用いているのですが,私は入社まで Symfony の経験はありませんでした. リファレンスを読み大方は理解できているものの,少し複雑なことをしようとすると分からなくなることが多々あります. そんなとき, PHP チームの皆さんに助けを求めながら,自分のノウハウを蓄積させようと努力しています. 助けを求める回数が少しでも減るよう,これからも学び続けていきたいです.

一方,チームの一員として仕事をしていくなかで,楽しさもあります. チームの皆さんはとても優しく,助けを求めても丁寧に教えていただけます. 会社の雰囲気もとても良く,カルテットで働けていることを嬉しく思っています.

時間のずれたリモートワークの難しさ

私は学校に通いながら仕事をしていますので,主に週末のリモートワークという形を取らせていただいています. カルテットでは土日は公休日となっていますので, 私が仕事をするときにはチームの皆さんは仕事をしていません

よって,仕事中に何かわからなくなり詰んでしまったとき,助けを求められないことになります. ここが, 時間のずれたリモートワークの難しさ であると感じています.

学んだこと

これまで,実務としてのチーム開発の流れなど,さまざまなことを学びました. そのうちのいくつかを挙げます.

設計の大切さ

プロダクトを開発するうえで 最初に行うこと,かつ最も大切なこと が設計です. 今まで小規模かつ個人で開発することが多かったので,このフェーズを飛ばしてしまうことが多かったのですが, 最初から最後までツールを完成させるなかで,その大切さを学びました.

メンテナンス性の向上,変化への対応

チームで,また会社で開発を行ううえで大切なことが メンテナンス性の向上と維持 です. なにか変更を行うとき,それを行う箇所が複数に散らばっていてはメンテナンス性が下がります. また,その変更が行われることを予測し,対応しやすいように設計しておくことも大切です. これにより,なぜ 「条件分岐禁止」 すべきなのかも学ぶことができました.

今後も,様々な技術に触れて学びを深めるとともに,それを活かしチームの一員として貢献していきたいと思います.

おわりに

入社してから約 2 ヶ月経ちましたが,私はあっという間だったと感じています. 前述したように,様々なことを学べた濃い 2 ヶ月でした.

しかし,まだまだ足りないと感じることが多いです. 現在は,チームに助けてもらうのではなく,チームを助けられるようになることを目標としています. 一日一日の仕事を大切にし,チームにふさわしい人材となれるよう,努力していきたいです.


このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/05/22に Symfony Meetup Kansai #1 にて「Why abstract class is evil?〜Abstract classはなぜ邪悪か?〜」を発表しました。

せっかくのSymfony Meetupなので、当初はSymfony開発お役立ちTips的なことを軽く発表しようとしていたのですが、 Twitterで事前アンケート したところ、「空気読まずに条件分岐禁止の話」が圧倒的に人気すぎた

スクリーンショット 2019-06-03 21 56 56

ので、このテーマとなりました。

PHPerKaigiでの「条件分岐禁止」と同様、Abstract classダメ絶対というわけではなく、安易な利用はやめましょうという話なので安心してください。

関西のSymfony Meetupは今回はじめて開催されましたが、PHPカンファレンス関西で毎年お会いする方やかつてのSymfony勉強会・PHPメンターズ道場の仲間が集まって、「アウェイ」感なく話すことができました。

「EC-CUBE4はカルテット開発部ブログがなければ完成しなかった」という嬉しい言葉もいただけて、アドベントカレンダー埋め立て業を今年の12月も頑張れそうな気がしてきました :muscle:

主催の角田さんから、Symfony Meetup Kansaiは初めて発表する場、いずれPHPカンファレンス・PHPerKaigi等で登壇したい人の練習の場になれれば、というお話がありました。
私自身、初めて前で発表させてもらったのは2011年の第5回Symfony勉強会だったので、とても懐かしく思い出すとともに、今後この会が盛り上がっていけばいいなぁ、と思いました。
次回8月頃の予定ということです。また是非参加したいと思います!


このエントリーをはてなブックマークに追加

3月からカルテットコミュニケーションズの開発部にバックエンドエンジニアとしてジョインした岩原です。

初めてのブログなので自己紹介を。

経歴と自己紹介

SIerで経験を積んだあと、スマホゲームのスタートアップに転職し、アプリ、サーバー、インフラ(AWS、GCP)を一通り触りました。

また、VRや機械学習といったところも調査開発研究などしてきました。

バックエンドエンジニアです。アプリ、サーバーの区別はなく、フロントが関わらないバックエンド全般を領域としています。

PHPはどちらかというと経験が浅い方です。

こちらの紹介記事で「今月からフルリモート枠で新しく入社した者」として言及されているのが私だったりします。

入社のきっかけ

育休の代わりにリモートで働きたいなーとリモート可の会社を探していたところ、カルテットコミュニケーションズに出会いました。

面接してもらってから状況が二転三転し、結構なわがままを投げつけましたが、一通り受け取ってもらえたので喜んで入社しました。

カルテットに入社してなかったら過労で倒れてたかもしれません… :scream:

働き方

名古屋在住なのですが、上記事情により入社2日目からフルリモートで働かせてもらってます。

本来は入社後2週間程度、名古屋本社に出社しての初期研修があるらしいのですが、ちょっと難しかったので無理を言って最初からフルリモートにしてもらいました。

また、月水金は勤務時間を事実上13時 - 21時にしてもらってます。

月イチの出社日にしか出社してないので、実はまだ3回しか会社に顔を出したことありません :sweat_smile:

コミュニケーション

弊社ではSlackをメインに使っており、ビデオチャットも必要に応じて行いますが、基本的にテキストベースでコミュニケーションをします。

特にフルリモートなので、存在感を出すためにあちこちに顔を出すようにしています。

先に入社した下田の記事にもある通り、分報チャンネルもあり、

そこでは今自分がやっていること、詰まってること、調子などを細かくつぶやくようにしています(少なくても10回以上)。

テキストでのコミュニケーションは感情が乗りづらいので、絵文字や顔文字などを使って無機質なコミュニケーションにならないように気をつけてます。

個人的には対面のコミュニケーションが苦手な方なので、こっちの方が気が楽だったりします。

Slackのreactionのしやすさも相まって、レスポンスはかなり早く返ってきます。

最後に

わがままをたくさん聞いてもらったので、最大限コミットしていきたいと思ってます :muscle:

事情があって普通には働けない人でも、スキルがマッチすれば受け入れてくれる会社ですよ :smiley: